ダウンロード違法化範囲拡大は世界情勢に完全に逆らっている!

社会

インターネット上に違法アップロードされた漫画や写真など、あらゆるコンテンツについて、著作権侵害されているとを知りながらダウンロードすることを全面的に違法とする方針が、文化審議会著作権分科会で決まった。

今回の決定では、画像も対象に含まれる他、著作物のスクリーンショットすらも対象に含まれているためかなり広い範囲に対して規制が敷かれることになる。これに対し、ユーザー・クリエイター双方から「SNSが実質的に使えなくなる」「国民全員容疑者になる」「制作活動に支障がでる」といった非難の声が続出していた。

こんな中、知的財産法や情報法の研究者らが2月19日、対象の範囲について「さらに慎重な議論を重ねることが必要」「拙速な法改正は、私的領域のおける情報収集の自由に対して過度の萎縮効果を及ぼす」とする緊急声明を出した。

http://www.kisc.meiji.ac.jp/~ip/_src/sc1464/20190219seimei.pdf

 

緊急声明の呼びかけ人は、高倉成男・ 明治大学知的財産法政策研究所長、中山信弘・東京大学名誉教授、 金子敏哉・明治大学法学部准教授。賛同者は研究者や弁護士、ジャーナリストら84人とクリエイティブ・コモンズ・ジャパンとなっている。

 

ここで、研究者、弁護士、ジャーナリストは分かるけど、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンって何?と思う方も多いはずなので、簡単にご紹介。

 

クリエイティブ・コモンズ・ジャパン公式サイト

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは
クリエイティブ・コモンズは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)を提供している国際的非営利組織とそのプロジェクトの総称です。

CCライセンスとはインターネット時代のための新しい著作権ルールで、作品を公開する作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って構いません。」という意思表示をするためのツールです。

CCライセンスを利用することで、作者は著作権を保持したまま作品を自由に流通させることができ、受け手はライセンス条件の範囲内で再配布やリミックスなどをすることができます。

 

CCライセンスの種類
作品を利用(再配布やリミックス作品の公開、実演等)するための条件は4種類あります。

 表示:作品のクレジットを表示すること

 非営利:営利目的での利用をしないこと

 改変禁止:元の作品を改変しないこと

 継承:元の作品と同じ組み合わせのCCライセンスで公開すること

そして、これらの4種類の条件を組み合わせたマークを表示することで、対象の著作物に対してどのような権利が許可されているかが一目で分かるようになっている。

 表示

 表示—継承

 表示—改変禁止

 表示—非営利

 表示—非営利—継承

 表示—非営利—改変禁止

※詳細は上記リンクから公式サイトを参照のこと

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスは2004年にver2.1日本版がリリースされ、これは世界中で米国に次いで2番目となった。2006年には運営組織が独立し、NPOとして世界各国で普及活動を進めてきている。

CCライセンスの特徴として、上記のマークの組み合わせにより、著作物に対する権利をクリエイターが柔軟に調整できること。そしてユーザー側は、どのような権利が許可されているか分かりやすくなっていることが挙げられ、制作と消費が円滑に行われるよう配慮した体系として設計されている。

 

このように、世界中では著作権に対する扱いを慎重に、繊細に調整を繰り返し、普及を進めている最中である。

ところが、そんな世界の流れを完全に無視し、いかにも短絡的に「全部違法!」と切り捨ててしまおうというのが今回のダウンロード違法化範囲拡大法案である。せっかく多くの人々が長年の苦労をかけて培ってきたものをバッサリ切り捨てるようなものである。これでは緊急声明を出されるのも無理はない。

このように短絡的な決定がまかり通ってしまう背景には、まだ日本でクリエイティブ・コモンズの普及が十分でないことが挙げられるのではないだろうか?(というかおじいちゃん議員達は存在すら知らないんじゃないだろうか)そこで、これを機に、是非ともクリエイティブ・コモンズが広く普及されるよう、情報を拡散していただきたいと考える。是非とも!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました