「ひげ禁止」は身だしなみ?人格権侵害?大阪地裁の判決に市長が抗議!

社会

大阪市営地下鉄の男性運転士二人が、職員規律の厳格化でひげが禁じられたが従わなかったため、人事評価を下げられたという。これに対して二人は、人格権に違反するとして市を提訴した結果、大阪地裁は2019/1/16「ひげを生やすのは個人の自由」と指摘し、大阪市に慰謝料40万円の支払いを命じた。

これに対し、大阪市の吉村市長は「身だしなみ基準も含めたルール自体が合法なのに、守らなくていいなんて理屈通らない」と、控訴の意思を示した。

 

この件ではtwitter上では「ひげ」の賛否について議論が巻き起こったが、その中で、自衛隊のイラク派遣で隊長を務め、「ひげの隊長」と呼ばれた自民党の佐藤正久議員の名前が取り上げられることになった。そして佐藤議員は1/19に以下のようなコメントをtwitterに投稿した。

 

 

サービス業である地下鉄職員なら、身だしなみを整えるのは基本。ひげは剃るべきだろう!

不精ひげは剃った方がいいが、鼻ひげはファッションと考えれば問題ないのではないか?裁判所が人格権の侵害と認めたといのなら、社内規定の方に問題があるのではないか?

あなたの意見はどっち?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました