のん(能年玲奈)前事務所との裁判に敗訴 テレビ復帰絶望か

芸能

最近、CMなどで徐々に芸能活動を再開させている「のん」ですが、今後の芸能活動が急激に厳しいものとなりました。

 

ユニクロ カーブパンツCM

のん「自分自身の今に重なる」椎名林檎がCM曲書き下ろし ユニクロ「カーブパンツ」TVCM

岩手純情米CM

「のん」がずぶ濡れの稲穂に/いわて純情米CM+メイキング

 

元事務所との”奴隷的な契約”をめぐる裁判に敗訴

 「のんの代理人的な週刊誌B誌の記事を巡って、のんの前事務所L社と裁判になっていましたが、B誌は完全な敗訴。B誌はのんが“奴隷的な契約”で働かされていると報じましたが、それがウソだったという裁判所判断となりました。B誌が敗訴したということは、のんも負けたということです」(芸能記者)

のん裁判完全敗訴…「もうテレビ復帰はない」の見方が大勢を占める|ニフティニュース
女優ののん(能年玲奈)の芸能活動が急転、厳しいものとなってきた。完全復活を期待していたファンも多かっただろうが、今後、大きな活動を望めない可能性も出てきたという。 「のんの代理人的な週刊誌B誌の記事を…

 

B誌は2015年にのんがL社とモメている事情を「給料5万円」「パンツも買えない」といった衝撃的な記事にして掲載、これに対しL社は名誉傷つけられたとしてB誌を提訴していました。

L社は、一時期は給料5万円という時期はあったものの、その後は20万円に増額。ボーナスを含めると1000万円を超えていたと主張しており、9月26日、東京高裁でB誌の出版社に440万円の支払いを命じる判決となりました。事実上、のん側の敗訴ということです。

 

ここまでのんは事務所の圧力で芸能活動を妨げられていると見られていましたが、この判決により、「のんはちゃんと給料をもらっていたのに勝手に辞めた」という見方がされるようになり、今後は彼女の起用を敬遠するところが増える恐れがあるとのことです。

 

未だに根強い人気のある彼女がこのまま消えていってしまうのはとても勿体ない気がします。

事務所なり企業や自治体なり、後押ししてくれないものでしょうかねえ。

 

↓タレントの人気・好感度をリアルタイムチャート化しています!投票にご協力ください!

『のん』の人気チャート

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました