【また捏造】宮迫の母のたこやき屋 休業理由を勝手に解釈した【女性自身】

芸能

闇営業問題で謹慎している宮迫博之ですが、その親族が営業するタコ焼き屋「みやたこ」は8月末までの夏休みを終え、9月1日に営業を再開。この日、宮迫の母が取材に応じました。

宮迫の母が休業報道に怒り「調べもしないでしはる」|ニフティニュース
闇営業問題から謹慎中の雨上がり決死隊宮迫博之(49)の親族が、大阪府茨木市の実家で営業しているたこ焼き屋「みやたこ」は1日、8月末までの夏休みを終え、営業を再開した。この日、宮迫の母が取材に応じた。営…

営業再開初日となったこの日は「常連さんを中心に。今日はけっこう、来てはりました。数は全然数えてないです」と話しました。

同店では毎年夏「7月15日~8月31日はお休み」と決めているといい、宮迫の騒動の影響とは無関係。一部で、宮迫の騒動が原因で休業していると報じられたことに「ウソです。すべて信じない。本当にこんな、いいかげんに。調べもしないでしはるんやなと思った。週刊誌見てびっくりしました。臆測で書かないでほしい」と怒りをあらわにしました。

調べてみたところ、「女性自身」の記事で、同店の夏休みについて触れられていました。

宮迫博之 会見前日に母が語った苦悩「何言っても伝わらない」 | 女性自身
一連の反社会勢力との闇営業問題によって、7月19日に所属事務所である吉本興業から契約解消を言い渡された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)。20日にはロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに緊急謝罪会見を開き、一連の経緯を説明していた。   宮迫と亮は振り込め詐欺グループから金銭を受領したと認めるにいたった経緯などを...

同記事は宮迫さんの記者会見の3日後である7月23日に公開された記事。『宮迫博之 会見前日に母が語った苦悩「何言っても伝わらない」』というタイトルで、母が苦しんでいるように書かれています。

いまだ沈静化が見えないなか、岐路に立たされた宮迫について実の母親は何を思うのか。本誌記者は19日、大阪府にある実家近くで母が営むたこ焼き店「みやたこ」を訪れた。

 

実は、母が「地域のために!」とオープンした同店。最近は店に立つ機会が少なくなった母に代わって、宮迫の妹が手伝いをすることもあるという。契約解消について記者が切り出すと、「そうみたいですね、テレビで見てました」と言葉少なに母は口を開きはじめた。

 

――契約解消を知った今のお気持ちを聞かせていただけますか?

 

「一切言いません」

 

さえぎるように答える母。「一切ですか?」と記者が粘ると、口にチャックをするしぐさを見せる。

 

――宮迫さんから連絡はあったのでしょうか?

 

「何言っても、言うたとおり伝わらへんしね……」

 

最後に「用事があるんですみません」と言い残し、母はその場を去っていった。記者の問いかけにも終始気丈にふるまっていた母。そこには母ならではの苦悩が見え隠れしていた。そして、たこ焼き店の中を見ると、こんな掲示が――。

 

「7月15日から8月31日まで夏休み 9月1日より頑張ります」

 

会見で引退について質問された際に「何度もそのことは考えました。ですが、僕は18から30年間この仕事しかしていない。僕ができるのはこの世界で学んだことしかないんです」と語っていた宮迫。彼が“夏休み”を終え、表舞台に復帰できる日は果たして――。

宮迫博之 会見前日に母が語った苦悩「何言っても伝わらない」 | 女性自身
一連の反社会勢力との闇営業問題によって、7月19日に所属事務所である吉本興業から契約解消を言い渡された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)。20日にはロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに緊急謝罪会見を開き、一連の経緯を説明していた。   宮迫と亮は振り込め詐欺グループから金銭を受領したと認めるにいたった経緯などを...

記事のタイトルの『宮迫博之 会見前日に母が語った苦悩「何言っても伝わらない」』という文面を見ると、「お母さんが宮迫に何を言っても伝わらないのか」と思っていたんですが、上の記事のお母さんの発言を正確に見ると、

「一切言いません」

「何言っても、言うたとおり伝わらへんしね……」

という順で発言されています。

これ、『息子に何を言っても伝わらない』じゃなくて、『記者に何を言っても言った通り正確に伝わらない(どうせ捻じ曲げられて報道される)』と受け取ったほうが自然じゃないですか。どう見ても、それをあたかも母が苦悩してるかのような文面に捻じ曲げているとしか思えません。

そして記事の最後に、

「7月15日から8月31日まで夏休み 9月1日より頑張ります」

とだけ書いて、締めくくりに入ってしまいます。この記事のここまでの構成から、この「夏休み」というのは、宮迫の母が、一連の騒動で心を痛めて休業しちゃうんだなと誰もが推測するでしょう。そう推測させるような構成にわざとしています。ここでもし、「夏休みは例年のことであって、休業するのは騒動とは関係ない」ということを調べていたなら、閲覧者に間違った推測をされないように、その事実を注意書きとして書くべきです。そんなことは週刊誌のライターのレベルであれば間違いなく知っています。知っていてわざと書かなかったか、調べもしなかったかのどちらかです。いずれにしてもこの記事では、事実に目を向けることなく、「母が苦悩している」様子を勝手に作り上げ、閲覧者の認識を架空のイメージに誘導しています。典型的な捏造記事です。

宮迫さん、亮さんは自分の嘘・過ちを記者会見で正直に謝罪していましたが、それを報道する立場の週刊誌はちゃんと謝罪できるんでしょうか。見物です。

 

↓タレントの人気・好感度をリアルタイムチャート化しています!投票にご協力ください!

『宮迫博之』の人気チャート

コメント

タイトルとURLをコピーしました