マツコ 情勢不利?トレンドにネガティブワードが並ぶ

芸能

N国党投票者に対する発言を立花代表が批判している騒動以降、世間の注目を集めているマツコ・デラックスですが、先程のツイッターのトレンドで、「マツコ・デラックス」「既得権益」「気持ち悪い」などのネガティブなキーワードが飛び交っています。

今回の騒動に対して、マスコミ各社は一斉にマツコを叩いているわけではなく、むしろマツコを擁護する報道の方が多い状況。

N国党から非難受けるマツコ「MXさん側にもご迷惑がかかるのが嫌」

NHKから国民を守る党、立花孝志代表へ 一個人や私企業を叩くのではなく、ぜひ、国民のための仕事をしてください

それでもなお、マツコに対するネガティブな声が視聴者の中から多く挙がっているというのはどういうことか、簡単に予測すると、

①ネットによくある「誰でもいいからただ叩きたいだけ」

②もともとマツコのアンチ層だった人いる。

③今回の件でマツコのアンチになった人がいる。

といった分類が考えられます。

ここ、①②についてはあまり気にしなくていい。どうせ騒動があろうとなかろうと意見が変わるわけではないので、ある程度の期間がたてば自然に収まる。

ただ③については、「マツコのキャラクターは今まで嫌いじゃなかったけど、今回の件はマツコが悪いだろう」って思っているということになるはずですが、マツコさんはこの層を軽視すべきではないと思います。今回の件について「あたし悪くない」っていう姿勢を貫かれると、恐らくマツコの「ズバズバと言いにくいことを言うけど、発言の内容は視聴者に共感できる」というキャラクターが、「ズバズバと言いにくいことを言う。発言の内容も視聴者が共感できない」という印象になってしまい、これは前者とは大違い。ただのパワハラ上司や、無能な政治家と同じような印象を与えてしまい、一気に好感度も落ちてしまうことでしょう。

今回の件もきちんと本人の考えを説明すれば、まだ情勢は取り戻せるはずです。対応を間違えないようにしてほしいと思います。

 

↓タレントの人気・好感度をリアルタイムチャート化しています!投票にご協力ください。

『マツコ・デラックス』の人気チャート

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました