宮迫さん謝罪会見後初のTweetに賛否両論「生きてらっしゃいました。」

芸能

吉本騒動が未だに収まらぬ中、謝罪会見後としては初となるTweetを宮迫博之さんが投稿。

報道のあった慈善活動の一環として岡山に訪問した帰り道の模様。

背中にセミが止まっている写真にびっくりしたエピソードを語っています。

 

このTweetに対し、8/6時点で返信6,000、リツイート16,000、イイネ180,000と、かなり大きな反響を呼んでいます。

返信の中には、

 

など、応援のメッセージが多数寄せられており、多くの方から復帰を望まれていることがわかります。

ただし一方で、

 

 

といった、否定的な意見も少数ではありますが挙がっています。

確かに、先日の謝罪会見からそれほど日数が経っていないので、直観的に「もう終わった気になっているのか?」と感じてしまう人は少なからずいるでしょう。それに、真偽・善悪は問わずに「とにかく誰かを叩きたいだけ」という視聴者も一定数いるので、この段階でのTwitter復帰などはこういった層のターゲットにされやすいという面があります。

じゃあ、「もうちょっとおとなしくしていた方がいいか?」と言われると、あくまで個人的にですが、逆だと思います。

今の日本のマスコミは、「マスゴミ」と揶揄されるほど、あることないことをデッチあげ、誇張して書き上げます。(まあ、他国でも同様ですが。。。)つまり、大人しく何もしないでいると、これ幸いとばかりに、視聴者の喜びそうなネタを勝手にデッチ上げられ、袋叩きにされるように世論を誘導されてしまうのです。そうならないためには、たとえ一定数の否定派がいようとも、ある程度は情報を発信し続けるという『防御策』が必要になってくるはずです。まあ、宮迫さんは(いい意味で)そんな戦略的思想をしないタイプだと思いますので、今回のTweetも「まじでセミにびっくりした!せっかくのネタだから投稿したろ」くらいの感覚だと思いますが、個人的には、これでいいんじゃないかと思います。公には活動自粛という状態に身を置くにしろ、しゃべっちゃいけない、食べちゃいけない、空気を吸っちゃいけないわけではないんです。ある程度はこうやって、情報を発信してもいんんじゃないかと思います。

 

が、ちょっと程度を間違えると叩かれまくるから注意してくださいね!宮迫さん!w
『宮迫博之』の人気チャート

コメント

タイトルとURLをコピーしました