松本人志が吉本騒動での発言の一部を詫びる「僕にはやっぱり浜田がいて」

芸能

吉本をめぐる一連の騒動で、

松本人志は「大崎会長が辞めたら僕も辞める」と発言し、一方、

加藤浩次は「社長・会長が辞めなければ僕は辞める」と発言しており、松本vs加藤の対立構造になっているのでは?との見方もされた。

これに対して松本は「あの日『スッキリ』は見てないんですけど、いろいろ聞いたりとかして、その後すぐに加藤に電話したんですよ」と告白。電話では「全然好きに言っていいよ。俺は全然怒ってないから、お前の思いを言ったほうがいいよ。たぶん嫌な思いもいっぱいしてきたんやろうから、それを言っていいからな」と伝え、それ以来、頻ぱんに電話で話しているといい「VS構造になってない。むしろ2人の言っていることは全く同じ気持ちで。ただ、ゴールが少し2人の中で違いがあるので、それの折衷案を探っている状態」と強調した。

 

そして、「ただ、加藤には山本(圭壱)がいて、僕にはやっぱり浜田(浜田雅功)がいて、相方はやっぱり特別な存在やから、その2人を無視した発言をしてしまったことはあまりよろしくなかった」と加えた。

 

まっちゃんも加藤浩次も、「変わらなきゃいけない」という想いは同じなのでしょう。それに付随した発言は、若干、頭に血がのぼってしまって一部の配慮に欠けたものになっているものも見受けられます。が、それを「勝手に騒いでるだけ」と冷めた目で見ることはできないでしょう。それほどに今回の問題は大きく、影響力の強いものであり、まっちゃんも加藤浩次も、自身の立場をリスクにさらしてでも、お笑い界全体の総崩れを防ごうと頑張っているのではないでしょうか。

 

『浜田雅功』の人気チャート

『松本人志』の人気チャート

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました