【吉本闇営業】宮迫・亮の謝罪会見をメンタリストDaigoが絶賛

芸能

現在世間を賑わせている吉本闇営業問題。

雨上がり決死隊の宮迫と、ロンドンブーツ1号2号の亮が先日、2時間半にわたる謝罪会見を開き、ネットでLive中継されました。

 

【ノーカット版】宮迫博之さんと田村亮さんが会見で謝罪

事件発覚から数カ月が経過するも、詳しい状況や金銭授受の真偽など、世間が知りたいと思う情報が全く出てこない中、やっと開かれた会見という印象でした。

そんな会見で語られた内容、そしてそれを語る宮迫さんと亮さんという人物についての印象は、もしかしたら世間に対して大きな衝撃を与えたのではないかと個人的には思っていましたが、実は私の想いととても良く似た見解をしていた方が、

『メンタリストDaigo』さんです。

Daigoさんは、宮迫さん・亮さんの会見は、普通の人では決してできないほど模範的な謝罪であり、よほどの人格者でないとここまでの謝罪はできないと解説されている動画がありますので、是非ご覧いただきたいです。

 

宮迫さんの謝罪会見【心理学的に解説】〜敵を味方に変える謝り方

簡単にポイントだけ抜き出すと、

・事件の責任を他者(今回でいうと事務所に)転嫁しない

・詐欺被害者の方々に対する謝罪であることを明確にする(一般的に、そもそも犯罪者を見分けること自体が難しく、芸人個人が反社会的勢力メンバーと見破ることは現実的には無理だったとしても、やってしまった事実をうやむやにしない)

・記者からの意地悪な質問にも一切乗らず、一貫して「被害者に対する謝罪」であることを明確にする

・事件を矮小化しない

・先輩や協力してくれた方々への感謝を伝える

 

などなど、言われてみれば当たり前のように感じるものも多いのですが、これが意外に、できない。実際にやろうとするととても難しい。そしてそれを今回の宮迫さん・亮さんはやり遂げているわけですが、それはおそらく、学者や弁護士からそういった指導をされたということではなく、彼らの人格と本心がそうさせたものだと考えられます。(Daigoさんの見解も同様)

 

とは言え、一連の問題で宮迫さんらが嘘の証言をした事実が無くなるわけではないので、妥当な処分はあってしかるべきではあります。

 

↓こちらでは、タレントの人気・好感度をリアルタイムで集計しています。好き!または嫌い!と投票にご協力ください。

『宮迫博之』の人気チャート

『田村亮』の人気チャート

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました